車の査定を依頼する前に手入れをしておくべき2つの箇所

車の査定を依頼する前に手入れをしておくべき2つの箇所

車買取のお店は、しばしば掃除をしておく方が良いとホームページで強調しています。実際掃除は買い取り金額には関係があり、査定士に対する印象に関わってくるからです。丁寧に車を使っていたという印象が使われば、やはり買い取り業者としても高い金額を出してくれる事が多いですね。

 

窓ガラスの掃除で買取額がアップ

 

このため車買取店に査定を依頼する前に掃除を行っておく事は必要ですが、そもそも人によっては忙しい方もいらっしゃいます。徹底的に掃除をしようと思えば、やはりそれだけ多くの時間を要してしまうでしょう。
もしも忙しいのであれば、車の一部だけを掃除しておくのも一法です。

 

参考サイト
インプレッサの売却

 

例えば窓ガラスですね。全ての車にはガラスがありますが、あれを綺麗にしておくだけでもだいぶ印象が違ってくると言われています

 

ちなみに窓ガラスを拭くのは、特に何か特別な事は必要ありません。雑巾などを用いて拭いておくだけです。わずか数分の作業で査定額がアップする可能性を秘めている訳ですから、雑巾かけ位は行っておく方が良いでしょう。

 

車のボンネットも買い取り額に関わる

 

それともう1つは車の前側にあるボンネット部分です。あの箇所に対してワックスしておくだけでも、だいぶ印象が違ってくるのだそうです。ワックスがけも、雑巾と同じでそれほど時間はありません。せいぜい5分もあれば十分ではないでしょうか。それで査定士に対する印象が良くなる事を考えれば、やはりワックスもかけておくべきです。

 

時間が無い方は、その2つだけで十分だそうです。どちらもそれほど時間がかからない作業ですから、少なくとも窓とボンネットだけは丁寧に掃除をしておく方が良いでしょう

 

ちなみに車の買い取り業者は、来店客から買い取った車をお店などに並べている事も多いです。その際に窓とボンネットだけは手入れをしている位ですから、やはりその2箇所だけは力を入れておくべきでしょう。